デリヘルの予約の方法はどうすればよいか

デリヘルの予約の方法はどうすればよいか


当ブログはデリヘルの予約方法などのシステムのブログです。

デリヘルは店舗がありません。連絡を取ろうと思ったらパソコンやモバイルサイトからアクセスすることになります。風俗情報の専門サイトというあらゆるジャンルの風俗店の情報を集約したサイトがあり、全国レベルで情報収集することができます。 インターネットからこの情報サイトにアクセスし、自分のいる地域をクリックし希望する風俗業を選択するとその地域の店舗にアクセスすることができます。

そのようなサイトでアクセスできるのはすべての店舗ではありません。情報サイトそのものが宣伝料のようなもので運営されているので掲載される店舗情報は一部に限られます。それでもかなりの店舗が検索できるので一晩楽しむには充分の情報が得られることでしょう。

気に入った女性がいたらその女性の源氏名、登録番号などを控えておき店へ電話をすればすべて完了です。人気のある女性ですと希望する時間に来てくれないこともありますので他の女性を呼ぶか別の日に予約をいれることになります。電話する際にサービス内容を細かく確認しておきます。ホテルに呼ぶ時はそのホテルがデリヘルを受け付けてくれるかどうか、ホテルや自宅までの移動に係る料金が発生するかどうか、女性に
対してできるサービスや希望するオプションなどを確認し決定しておきます。あとは女性がきてプレイするだけです。

デリヘルでは、女性が行うサービスについて基本的なものとは別にオプションと称し色々なサービスを付加していることがあります。基本的になものとしては、オールヌード・キス・生リップ・全身リップ・逆性感・ローションプレイ・シックスナイン・口内発射などがあります。

これらに加えオプションとしてコスプレ オナニー見学 バイブ おしっこ ピンクローター パンストプレイ パンティ持ち帰り 顔射 飲込みごっくん 即尺 AF(アナルファック) などがあり、それぞれに料金がついており基本サービスに加算されていきます。これらのオプションがすべての女性にできる訳ではありません。ホームページの紹介欄にはそれぞれ受けてくれるオプションも記載してあるので、女性を選択する際に参考にするとよいでしょう。

店によってはこのオプションがその店の売りになっていることもあります。いろんな店をみて自分のしてみたいプレイもあわせて探していくのも楽しいことでしょう。

風俗で遊ぶには基本的なことですが、本番行為を求めたり交際を迫ったり脅迫行為や力ずくの行為は禁止されています。申込の際に店側からも申し入れがありますがこれらの順守事項を守れない人は、出入り禁止になる他警察沙汰になることもあるので絶対に行ってはいけません。